工務店さんの餅つき大会で、原村に行ってきました。

のんびり行ったら、行った時には餅つき終わってて、餅だけ食べに行った的なw。

予報の天気では、雪が降るとか言われていたけれど、
どんよりながらなんとか降らずに我慢しているような空模様。

寒い。

でも、集った大人や子供達がワイワイ騒いでいる景色は、気温とは無縁で、
なんとも暖かな景色。

常日頃大人と接する機会が多いのか、子供達は臆することなく対等な話をしてくれる。

都会の子供は、地域によるかもしれないけれど、大人から話しかけたら返事しちゃダメよと教わっているから、なかなかこんなにフレンドリーな感じじゃないだろう。
(が、私の周りにいる子供達は都会だろうかどこだろうが、結構話してくれる子多いような気がするw)

犬も、子供も、ファーストインプレッションが大事。

瞬間の

相手に対してのオープンさ

の感覚が鋭敏。
それゆえに危ない部分もあるのかもしれないけれど、無防備に心が開いていることが重要。

大人になっていくと、いろんな経験で人から裏切られたり、傷つけられたりで、
その「窓」がおおっぴらに解放されている人は少ないのかもしれない。

構えることで、傷つかないし、悲しい思いにもならないかもしれない。

けれど、それはなんの成長にもならない。

その閉じた窓をTPOで閉じたり開いたり、開いていても傷つくことのない強さを持ち合わせることが、
「心の成長」なのかもしれない。

その餅つき大会で、宝探しなるイベントがあり、隠してある札を探すのですが、
近くの子供に「私の分探して!」と言って、探してもらった札が以下。



意味深w

全ては自分次第。

何を選んでも、選択して進んでいくのは自分でしかない。

だったら、辛くても楽しい道を進もう。

と、毎朝、吊るしたその木札を眺めて、考えさせられる。
(おみくじ並に意味深な木札をくれた子供達に感謝w)
Category :
en_USEnglish
ja日本語 en_USEnglish