建築用語

いつも、忘れちゃうのでメモ。 建築用語は、普段使わないので「壁の…」とか「床の…」とかで、つい。。。 「間柱」は壁を張るための柱。 「胴縁」は間柱の補強材。 「まぐさ」は窓・扉の開口部分すぐ上の横材、下に取り付けられた横材は「窓台」という。 「大引き」は、「根太」を支える床下のパーツの一つ。これがないと床が成り立たない。 とりあえずこんなとこでしょうか? それにしても、今年は大波乱で、2020年の電工二種筆記試験は中止になった模様。 実技試験はまだ未定と。。。 大波乱。 もう、心が揺らぎます。 いつ頃あるかないかがわかるのでしょうね?一応身構えておかないといけませんが。。。。

熊野の旅2

朝から豪雨です。 もう、行くのやめちゃおうかな?くらいの豪雨です。 でも、一応これから天気は持ち直す?(ほんとうか?)予定なので、とりあえず向かってみる。 案の定、雨。 そのまま、雨。 で、車から降り立った瞬間、ドド〜ンバリーンと雷が轟く。 危ないと思って、一瞬ひるんで車に乗り込んだのですが、そこから、あら? 雨止んだw またも、傘いらず。 その隙間からまたも差し込む太陽w 無事お参りを済まして、このところの過激な移動で犬も疲れ切っているので、 本題の三輪山を明日に控えているので、体力温存で奈良近辺の道の駅を目指す。 奈良にある道の駅は、ほぼ宿泊できない雰囲気だったので、その先にある大きな道の駅目指してゴー! 早々と就寝を目論むも、ここでもトラックのアイドリングに悩まされる。 トラックだけではなく、バイクもメッカらしい…うるさい 寝たのだか、寝なかったのか?万全ではない体調ながら、朝。 三輪山に向かう。 朝一番で近所に犬を預けて、エジプト仲間と待ち合わせ予定の現地集合場所へ。 と、ややや?!!!!!! これは!!!! 登れない!!!w とりあえず、現地で合流して登山口まで行く。 水を汲めることを事前に聞いていたので、水を汲んでお参り。 その登山口前で、こんな話を。 「なんだか今日の三輪山いつもと違う。ざわざわしてるよ。  だから登れないのかもしれないよ」 いつもは、もっとおだやかな感じらしいのですが、同行の方々は宇宙人系なので、そのザワザワがすごく気になったらしい。 私は背後がわさわさしてましたが、その手のことはわかったようなわからなかったような人なので、ほほうと頷いておりました。 私たちのメインイベントが、最初っからぽしゃったのでw どうしましょうとなったので、まずはその近所の古墳にお参り。 知り合い同士では「あ〜あの」というマニアックな場所。 長居をできるところでもないので、またも、どうしましょう。とw。 ならば、山の上の美味しいお蕎麦屋さんがあるとのことなので、行ってみる。 その真ん前に、これまたマニアックな神社があるので、そちらも参拝しましょうということに。 そばの写真は撮りそびれました。 でも、とても美味しかった。 エジプトから久々の再会だったので、あれやらこれやら、積もる話を話していたら、 あっという間に時間が過ぎ、あまり長居をしていると、お参りできなくなると真ん前の神社にお参り。 笠山三宝荒神神社。 重々しい高野山の雰囲気にも似た、神社でした。 そこから、岩船に。 サイズ感わからないので、同行のAさんが佇んでいるところをパシャり。 かなり大きい。 どんないわれがあるのか、調べてみたのですが、誰もその用途や出処がわからないらしい。 江戸時代の頃にはすでに観光名所だったらしい。 上の方は加工がしてあるのですが、 「覗いてみたいよね」 と、戯れに登ってみようとしたのですが、花崗岩で、表面がツルツルしているので、ロッククライミングの人じゃないと登れません絶対w そして、その脇には「登っちゃだめですよ」の立て看板もありますw はて、そのあとどうしようね?ということで、キトラ古墳に行ってみたのですが、 博物館は入れず、その脇の公園で、またもお茶とお菓子を買って来て女子会。 ただただ、話す。 いろんなことを、ただただ話す。 ただただ話して、それを楽しめる関係って素晴らしい。 公園も夕方しめるらしく、終わりの時間を告げられた。 車に乗り込む前に、 実は、虹彩が見えてたんだよね〜 と、言われたので、「なんで教えてくれなかったの〜!」と言っていたのですが、 隣の車の窓に虹が映っているのを見つけたその友達が、 「空!虹!目的果たせて良かった!」 と、ミラクル天気のお裾分けをしてくれた。 でもね、これ、逆さ虹といって、ちょっと変わった虹だったのです。 なんだか不思議な天気を堪能できた旅でした。 三輪山はまたリベンジです。 その時もザワザワじゃないことを祈ります。

熊野の旅1

コロナで大騒ぎの最中。 全国がコロナで一斉自粛にかかる直前。 そんなこととはつゆ知らず、三輪山に登ろうということで、奈良エリアに行ってきた。 車旅は結構遠い。 一気に道中を制覇するのは難しいということで、サービスエリアに車中泊を試みたのですが、自分の土地で車中泊はあるけれど、外で電源なしの車中泊は初めてだったので、まず何が大変だったかというと、トラックのアイドリング音。 あまりにうるさいから、「トラック、アイドリング、うるさい」とか調べてみたところ、どうも冷凍車はエンジンを止めることができないらしく、終日夜だろうが朝だろうが、エンジンつけっぱなしなのだとか。 今までが極楽のような車中泊だったので、これはいかんということで、下道に降りて道の駅を探す。 くらい。くらいよ。 見つけた道の駅は、すごく静かだった。 ビクビクしながらカーテン閉めて寝ていたら、車の中を覗くおじさんたちの声。 「寝てんじゃね? 東京のナンバーだし、寝てんじゃね。」 怖いから寝てるふりしました。 道の駅は、地元の人が警備をしているようです。 他のところでも、少し注意が必要かもしれません。 でも、静かなので犬共々そのまま就寝。 朝起きたら目の前にはどでかい水車がありましたw。 なんとも清々しい。 ちょっと高度が高いのか、肌寒かったもののお散歩にはちょうどいい。 鳥の声も耳に清々しい。 そんなこんなでいざ出発。 最終目的地は三輪山ですが、ずっと念願だった熊野の那智の滝や熊野大社、天河神社などを巡ることに。 なんだか不思議な天気。 行く前から「雨」とは聞いていたので覚悟はしていたのですが、伊勢あたりで激しい豪雨。 それも、前が真っ白で見え無いくらいの激しい雨。 握るハンドルが恐怖な真っ白雨。 今日はお参りいけないかもなぁ。と、思うぐらい。 と、思っていたら、スコッと現地に着いたら雨は止み、空が晴れてきた。 ラッキーです。 そして、雨のおかげか、現場は人っ子一人いない。 降りた先にあった素敵石にお参りして、いざ那智の滝! 素敵! 素敵です! 一本滝は男滝と言われることが多いですが、この滝はたおやかな若い男性でもあり、凛々しい女性のような、中性的な感じがします。ハラハラとたなびく水しぶきが本当に美しい。 その近くにある那智大社へお参りに。 その脇に、神木の楠があるのですが、枝ぶりも素晴らしい。 本体に空洞があるらしく、胎動巡りができるので、入ってみました。 そこはトトロの穴でした! そっくり! ご神体の喜びより、トトロの穴に入れた感激で一人大騒ぎ。w そんなこんなで、お参り中は雨が止み、傘いらず。 まだ時間はありそうだったので、熊野大社を目指す。 自分の氏神さんが熊野大社なので、いつか本宮に行きたいなぁと思っていたので、これも念願叶った感じ。 その近所にもゆかりの神社や土地があるので、見て回ったのですが、 その昔、熊野大社は三つの河の交わる中洲にあったらしい。 イシス神殿といい、江ノ島といい、自分のゆかりのある神社は、なにやら水と関係した(囲まれた?)ところが多い気がする。 これまた、まだ時間がありそうなので、位置的に戻るのはアホっぽいので、そのまま天河神社へ。 今のところ、道中の途中は雨が降るものの、お参りの際中はすべて雨が止む。 素晴らしい。 たまにすごい厚い雲の隙間から、絶妙なスポットライトのような太陽が、ピンポイントで降ってくる。 素敵。 ここも、道中雨だったのが傘がなくても大丈夫な天気になり、天河さんの階段を登り始めたら階段の先から太陽がサァ〜っとさしてきて、神秘的。 前にきたときも、不思議天気を経験していたものの、今回も何やら天気との不思議シンクロがありそう。 (ちなみに、前回は雲海が出て、なくなり始めるその川の上に、大蛇のように白い雲が川に沿ってうねうねしていたのを見られました) そして、前回きたときは気がつかなかった?のですが、天河神社のどこか?で、水があふれたときに見つかった文献から、そのそばにある高倉山も実はご神体だったことが判明したらしく、今は「禊殿」として祀られている。 そちらも参拝。(ちょっとわかりずらく、途中迷うw) 帰り際、山の上が気になって見てみたら、ん?! すごく大きな岩がある? 日本はここかしこに岩がご神体の神社ありますが、これももしかしたらご神体では? (写真だとわかりずらい) そして、この日はここで打ち止め。 その先にある以前に行った温泉を目指す。 が、よりによって、定休日…。チーンです。 しょうがないので、その近くのスーパー温泉目指す。 温泉入って、道の駅にで宿泊。 明日は、いつもお参りに行っている、生丹売姫神社に行くのでした。

「小公女セイラ」大人になって見てみると

久々にハウス食品アニメ 「小公女セイラ」を見直しました。 子供の頃観た時も、落ちぶれた主人公セイラへの対応がひどいなぁと思ったものの、今のほうがより「お金」の恐ろしさを感じましたw。 セイラという人物が、お金があった上で何不自由なく過ごし教育を受けたからこそ、人としての余裕があったのでしょうが、お金があってもそれを妬んで意地悪をしたりするお金持ちの子供もいるわけで、その違いって何でしょう? それは、ひとえに「教育」の部分かと。 全員が全員、お金があろうがなかろうが、いい人はいい人だし、悪い人は悪い人で、 その話の中で救いの手をさし延べる人たちはたくさんいた。 その分かれ目は、「人の境遇に心を寄り添えることができるかどうか(イマジン)」だ。 映画「ジョーカー」も、お金にまつわる分断で、争いは起きるわけで、 (実は怖くて観てませんけど)貧しいとて、誰か一人でもその境遇に寄り添うことができれば、 救いはあるわけで、お金持ちでも実は寂しく心が飢えているからこそお金にしがみついている人もいるわけで。 自分でまず、自分を認識し自覚し、救えるかどうか。 そこから世界は見えてくる。 この手の子供のアニメシリーズで、最終的にこの小公女セイラは「救い」があった。 死にそうになっても、自分の正しい道を貫き通した。だからこそ、その手にしたお金が生きてくる。 フランダースの犬は、辛かった。。。 でも、大人になってわかるのは、幸も不幸も、希望も絶望も、生きるも死ぬも、最後まで生き抜いた時に、「命とはなんぞや?」の結末が待っているのだと思いました。 子供向けだからといって、話をハッピーエンドで終わらせてしまうことの脆弱さ。 「何故?」 「どうして?」  を突きつけられて、考えること。 これは本当に大切なことなのだなぁと、すべての人間、映像、文章、etcに散りばめられた「きっかけ」に興味津々、感謝感激な今なのです。 関係ないですが、セイラの話の後半戦、隣の召使いのインド人の人が、2mくらいの窓から降りたり登ったり、不法侵入も去ることながら、水戸黄門の飛猿ですか!?くらいのジャンプ力に驚きました。 インド人はターバン巻いてるとか、「ナマステー」とか、それは違うのでは? とか、大人目線のツッコミは、子供には秘密で。

4月のリフォーム作業

本当だったら、フローリングをはりはじめて、うまくいったら2Fは終わってたのになぁ。 とうとう、近所のお風呂が全て閉まってしまった。。。。 うぉ〜〜〜〜! これは手痛い。 煙突の屋根工事(外部)は、どうしてもスケジュール的に伸ばせないので、業者の方にお願いしているものの、立ち会う予定でしたが、東京に帰ってきました。 人と全く会わないので、私自身はまったく問題なしなのですが、風呂がないのは困る。 社会って右向け右なんですね。 しょうがない。

3月のリフォーム作業

3月は淡々と間柱と、床の荒材をはりました。(2階だけですが) 今回は雪降りました。 スタッドレスにした唯一一回のスタッドレスありがとうでした。 荒床素材を貼るために段差を直していたのですが、 2階のため、ちょっと間違うと下に落ちちゃいますw 木工作業の埃で喉がやられてしまうので、完全防備なのですが、 ただいまコロナ中。(2020年3月現在) お店に行ってマスクを探すものの、山梨だから大丈夫と思っていたら、 木工用の防塵マスクも安いやつは買い占められていてすでになくw ちょっとお高いマスクを購入しました。が、マスクのフィルター部分が欠品ですw 一枚だけのフィルター、替え時いつなんでしょうね? 一人で黙々と作業をしていると、煮詰まってきたので、近所のengawa cafeさんに行ってきた。 カフェってなんでこんなに癒されるんでしょう。。。 お店の前のやぎさんも、ゆったりまったりしていて癒されました。 お休みには近所の遺跡にも行ってきたりして、途中で楽しいイベント入れないと続かないw 残された柱の残骸も、床に合わせないといけないので、電動ノコギリでザク切りにしてから手ノコギリでギコギコして削除。 おかげさまで2階の荒材はりはなんとか終わり、あとは本番の床材を敷くミッションが残りました。 野草がお店で売ってたので植えてみましたが、根付くのでしょうか? (あとあと見てみたら残念な事になってましたがw) 帰りにお花見もできたのでご満悦。 唯一、コロナコロナと、状況が悪化している事が鬱々とした空気で、気持ちを蝕んでいるようです。 自然はこんなにも美しく、おおらかなのに。

車中泊計画 カスタムやらアイテムやら

続々車中泊のカスタムは続いているのですが、中々いろいろ立て込んでいて書き込む余裕ありませんw ニューアイテムとしては、一人炊飯器が導入されました。 これが中々良い。 本当は大きい炊飯器で炊いておいて食べるのが楽なのですが、それは車中泊。 難しい。 で、中は器が二つ入っているので、まず米は2合分炊いておく。 炊くときも、洗いたくないのでラップを敷いてから炊くと洗わなくて良いし、保存のときも下手に雑菌が入らないのでとてもよろしい! そして、食べるときに温めついでにコンビニでお惣菜買って、片方では米を、片方では惣菜を温めるのです。 ほかほかのご飯がこんなに素敵なのは、冷や飯ばかり食べているときと、コンビニの作り置き弁当を食べて虚しさを感じていたからかしら…。 犬が車内でベッドから降りてシーツで用をたす段差を埋めるべく、椅子も完備。 (その後、さらに改善点あってカスタムしていますが)この段差があることで、車中に犬を置いていっても、トイレを我慢させなくて良いので、私も一安心。 車中泊は、その度にカスタムして、最初はとりあえず積んじゃえ!と、持っていったものがすごく邪魔になっていたのですが、だんだん洗練されて少なくなってきています。 でも、本当のところは時間をかけてそれ仕様のカスタムをやりたいのですがね…。

2月のリフォーム作業

今回のリフォーム作業は、まずははじめの一歩。 作業になれる為と、本当にはじめの作業として 間柱(まばしら)を取り付けるという作業をしました。 (そういえば、途中で壁壊したりもしたかも) 柱の間を、壁を取り付けるための柱を等間隔(真ん中に一本をさらにその間に一本)に立てていく。 でも、床の高さが微妙だったり、梁が微妙にゆらゆらゆがんでいて、一本一本の長さがまちまちだったり、実は大きな柱の幅よりも小さな幅の間柱は、端に壁用の板が無いといけないとか、知らないことだらけで、もう一回取り外したりとかいろいろあった…。 床も合間を縫って修正。 押し入れは、通常の床よりも下げてあるので、そこに新たに板を貼ったり、高さを合わせたり。 そんな最中に着々とお風呂場を仕上げていく大工さん。 私がもたもたしている間に、新品のユニットバスが出来上がっておりました。 断熱材も貼られているので、ここだけすごく暖かい…w 水周りがまだ全然で、井戸水を掘るレベルwなので、あくまで素敵なオブジェ。 一旦また帰るタイミングになったので、 東京方面に向けて帰路に着いたのですが、 2月初旬からざわざわしていた「コロナ」のせいで、談合坂がガラ〜ンとしていたのが印象的でした。 (今4月の段階で、これが序章にすぎないことを後で知る)

知らない人だけど

ネットサーフィンで調べ物をしていると、それにまつわるブログを書いている文章にたどり着く。 知らない人だけれど、同じようなことを考えている人いるのだな。 そして、自分の知らない角度からの発見もあったりして面白い。 何気ない日常の写真や文書をアップしている方もいる。 これまた、知らない人だけれど妙に親近感を覚える。 そこまで言っちゃって良いのかしら?と不安になる部分もあったりするけれど、 口頭で伝えるその人とはまた違って、何度でも言葉を反芻できるので、 その人の言葉のリズムを体感できる。 で、親近感ってなんぞや? その昔、SNSが始まった頃。 渇望するように、友達探しをした時期があった。 自分と同じ誕生日のコミュとか、 「同じ誕生日ってことは、意気投合できるってことか?!」 とか思って、行ったことがある。(何があったの?私w) 実はあまりその人たちの文章なりを読んだわけでもなく、 たまたま「オフ会あります」に乗っかった。 行ってみたら、すでに、 「まるまるさんですよね! 想像通りな感じ!」とか、 「思ったより違ってたかも〜!」とか、 すでにあたかも知り合いである空間が作られていた。 あら? もう入る余地なし? 親近感って、自分に興味を持ってもらう行為なんだ。。。 自分が誰かに親近感を抱いても、相手がそうじゃなければ関係って成り立たないのね。 自分のテリトリーと、相手のテリトリーがどこまでかぶさっているかが重要なのね。(めんどくさいな) でも、文章から感じるその人と、本人の違いは、文章と本人のリズムが違う。 どっちも同じなのに不思議。(ちょっとした表裏の違い?) 「知らない人」の妄想。 最終的に、誰もそれが本当なのか、そうじゃないのか、わからないってことで、 それは、自分の中に生まれた新しい「人格」なのかもしれない。 私の独り言が、私と話をしていることに相違ないのは、 私の中にも都合の良い「知らない人」がいるのかもしれない。

車中泊計画。出発前&直後part2

食事もいろいろ作ることができるかな?と、 ガスコンロや炊飯器持ってきたものの、 初日は大工さんにリフォームのいろはを教わる予定だったので、車中泊のカスタムができず。もやもやが続く。 車中泊で何が一番気になったかと言えば、 ・(今回に関しては)寒暖差のリズムや体感がわからない。 ・犬が落ち着かないので、私も落ち着けない(犬の温度と私の温度が違うのと、環境の変化) ・夜の移動しない時と、昼の車移動する時、揺れでものが落ちたり、壊れたり  どうしたら、泊まっている時と、移動の時のセッティングでストレスがなくなるか。 ・水問題。(どこで大量の水を確保するか) ・洗濯問題(どこで洗濯物を洗えるか) ・頭が微妙に天井につっかえる。 ・リフォーム作業もあるので、なかなか車内の掃除やカスタムができない などなど。 全部が進行形の中で、ある日、ふと、 頑張りすぎているのでは? と、我に帰り、リフォームの前に、一番困っていた、手洗いようのポリタンクのカスタムをした。 泊まっている時はいいのですが、車が動き出すと「どたーん」と下に落ちるので、 走る前には一度台から下ろしていろんなところを「落ちないように」作業してから車を発進させていた。 これが結構ストレスで、何かをどかさないと引き出しが開かない。とか、 何かを下ろさないと車移動ができない。とか、 気にせず走り出していろんなものが壊れたり濡れたり…。 だんだん悲しくなって来ていたのですが、 リフォーム中だから木材の端材がたくさんあるじゃないのさ! と、今は何よりも「これが先決!」と、腹をくくり、大切な作業時間を削って台を製作。 前日の夜に寸法や、どうしたら倒れないのかを検討して、 実際に作りながら作っていった。 切ってからパーツを組み合わせる前に本当に寸法が大丈夫かを確認しながら、 本当だったらもっと綺麗に作りたいところですが、今は何よりも「快適さ」が最優先。 ついでに、ここにものが乗るといいよね。とか、下にバケツがしまえるといいよね。とか、いろいろ追加はしたものの。 で、出来上がった! 今までの悲しい気持ちや、凹んでいた状況が一気に逆転! 置きっぱなしでも、車が動かせるよ! で、ついでに使わないもの、使うものの位置が結構明確になってきたので、 いらないものはとりだしづらい所に押し込んで、 一番使う頻度が高いものたちを、使いやすい場所に移動したら、 やる気が!!!戻ってきたよ!!! 人間ちょっとしたストレスや、無理は禁物だね。 実際は、まだまだこうしたい、ああしたいがたくさん有れども、今は、リフォームに専念しなければいけないのです。はい。
en_USEnglish
ja日本語 en_USEnglish