目標があったとする。

それが個人的なことなのか、グループ単位でのことなのか。

個人的なことでの目標は、いかに自分の熱(勢い)を減らすことなく目標に向かって注力するかがネックになってくる。

グループ単位での目標になると、そのグループ内での方向性への熱量が維持されることがネックになってくる。

そんなこんなで、同じ目標を持つグループがあったので入ってみたら、なんとも「みんなで」という言葉が飛び交い、果ては「どこへ?」という迷走を感じた。

リーダーが居ると、その人に依存する人たちが集合してくる。良いのか?それで。

誰もが「きっとこの人の言うことは正しいから、従っていればいいんだろうな」ぐらいの心地で動くだろう。
でも、仕事のプロジェクトだと考えると、誰かが正しいことを言っても、「最終的に部長がジャッジメントだから、私たちが良いと思っても叶わない…」と、最終ジャッジを放棄する話になる。(責任を負いたくないという問題点も含有する)

先頭に立つ人はある意味熱(目的)の震源地だ。

震源地のリーダーがまず話の火種を付け、その周りにいる誰もがリーダになりうる存在だったら、かなりクオリティーの高い仕事ができる。

今のアメリカ大統領は良い意味でも悪い意味でも「震源地だ」。

良い意味では、「この人やばいよね」と、周りの人たちが団結して「NO」を言える状態ができている。今、これに気づかないでのほほんとしていたらやばいと思う。

悪い意味では「愛国心って素晴らしい。自分たちだけが勝っていれば問題ない。」って思う人たちが多い場合、そこには平和はない。

世界の岐路の選択。

それぐらいの意味があるように思う。

日本がそのアメリカに陰ながら(もうすでにかなりの人がアメリカへの属国ぶりを知ってはいるものの)支配され、私たち日本人が持つ「和」の心を失いつつあると思っている。

日本の震源地、これで良いのか?

これ、言い出すと私かなり口が悪くなります。w

美しい日本魂。

ああ、勝海舟とか坂本龍馬とか、良い人は殺されちゃうしなぁ〜w
正しいと思う方へ、美しいと思う方へ、愛ある方へ舵取りしたいものです。

やっぱり物事の中心になる人は居ないとダメなんでしょうね。。。